不動産投資における費用と収益の関係について考える

不動産

不動産投資における費用と収益の関係について考える

不動産投資を行う場合には、費用と収益についてしっかりと考えなければいけません。
例えば、マンションを購入する場合、何千万円から何億円もの費用がかかります。
ですので、その費用をなるべく早く回収できるように家賃を設定する必要があります。
ですが、費用を早く回収することだけ考えて家賃を設定してしまうと、周囲のマンションの家賃設定と大きくかけ離れてしまい、入居希望者が現れなくなってしまいます。
そのため、周囲のマンションの家賃設定と大きくかけ離れないように家賃設定を考えなければいけません。
また、費用として修繕費用も発生します。
家賃として得た収益から修繕費用を出す場合でも、共益費を徴収することで修繕費をカバーする場合でも入居者になるべく負担がかからない金額に設定しなければいけません。
それに、自分の収益に影響がないように設定する必要もあります。
このように、費用と収益の関係はとても密接で、家賃設定に大きく影響するため、費用と収益の関係をしっかりと考えて家賃設定しなければいけません。

最新記事